新潟で家を買うのに世帯年収はいくら必要?

住宅ローンで土地を買って家を建てるにあたり、はたしていくらくらいの年収が必要なのか。

こんなことを考えたことはありませんか?

「旦那の今の年収でやっているのだろうか...」「うちの年収で家を買っても大丈夫なのだろうか?」住宅ローンは人生で最大の借金ですから、不安に思う気持ちは誰もが共通です。

他の人はどうなのだろうか...と気になることも多いですよね。

新潟で住宅購入する最も多い年齢層は30代なのですが、データ的にはどうなっているのかをちょっとみていきましょう。

■新潟県の30代の平均年収

30代の平均年収:393.9万円

【年齢】
30~34歳:376.9万円
35~39歳:411.0万円

【男女別】
30代男性の平均年収:431.0万円
30~34歳:411.1万円
35~39歳:450.9万円

30代女性の平均年収:313.7万円
30~34歳:304.8万円
35~39歳:322.6万円

※データは『平均年収.jp』のものを参照しています。

仮に夫婦ともにフルタイム共働きであった場合は30代男性と女性の平均年収を加算すると、新潟の30代平均世帯年収は744.7万円になります。

これが世帯年収の平均値ですね。

あなたの家計は平均と比較していかがでしょうか?

では30代の世帯年収平均が約750万円だと、いくらくらいまでの住宅購入が現実的なのでしょうか。

世帯年収750万円で妥当な不動産価格

それぞれの家計で子供の人数や、生活費の水準、購入している車の価格などが違っているので一概にいい表すのは難しいのですが、ざっくりとして相場観の話をしていきます。

子供2人を大学まで送り、生活費は贅沢も節約もしない平均並み、車も国産の普通車と軽自動車を1台ずつもつという前提条件で考えてみたとします。

これはデータ的な裏付けというよりも私の経験則でのお話になりますが新潟のいわゆる平均世帯収入750万円に、基本的な平均的な支出モデルで換算していくと妥当な不動産購入金額は3,500万円です。

例えば第四北越銀行の変動金利0.725%で、3,500万円を35年返済すると月々の返済額は94,377円。このあたりが現実的なラインです。月々94,377円となると多くの方が今までの家賃よりも高く躊躇するラインですが、支払えないこともギリギリないかなという絶妙なラインかと思います。例えばここにボーナス払いを10万円追加すると、月々が約77,500円となり「あ、いけるかも。」となんだか現実的になってきますよね。

全体金額を少しでも下げたいのは誰もが思うところですが、土地から買う場合は特にある程度の予算を見ないと選択肢を持つこともできません。土地に生活に便利な中心部で不動産を買う場合は、最近は3,500万円では収まることもなく予算オーバーしてしまう方が目立ちます。世帯年収がたくさんあれば好きなようにしてもぜんぜんいいのですが、平均的な世帯年収だとやりすぎてしまうと返済に苦しむことになってしまいます。

3,500万円で何が買えるのか?

住宅購入で大きな分かれ道となるのが、土地を持っているのかいないのかです。

土地を持っていない場合

土地を持っていない方は家を建てるには土地を購入しなくはなりません。建物でかかるお金は、現在住宅価格の高騰の影響もありローコスト住宅のメーカーでもトータルで2,000万円ほどは見ておきたいところです。そうなると、残りの1,500万円を土地購入にかけてもいいかと思いきやそうではありません。住宅購入には諸費用がかかります。

金額の大きい諸費用は土地を買う場合は不動産業者への仲介手数料や、銀行へのローン諸費用、そして税金です。トータルで200万円ほどは見ておいた方が安全であるために、土地に使えるお金は1,300万円ほどになります。

1,300万円という価格は新潟市の中央区だとちょっと予算が届かず微妙、西区・東区・江南区の便利エリアだとまたしてもちょっと微妙という感じになり立地にこだわる場合は、総額でローコスト住宅でも4,000万円オーバーが現在の相場になっています。その場合は、もしあなたが平均世帯年収ラインにいるとちょっと背伸びをしすぎているということが分かりますね。

この場合に人気エリアにこだわるのであれば、建売住宅が予算圏内という形になります。建売住宅はより多くの人が買えるように予算設定つまりマーケティングを徹底しているので、新潟の平均年収価格帯の方が人気の立地で家を買えるようにちょうどいい商品開発をしていることがよく分かります。

土地の価格は1,000万円以下まで郊外に出れば、建物は2,300万円までかけられる計算が立ちます。2年くらい前までは2,300万円を出せば、ある程度こだわりの平均住宅が建てられていたのですが、今は大幅に高騰し2,500~3,000万円(平均2,750万円)が注文住宅の相場です。この場合に総額3,500万円以内するには、3,500万円-2,750万円(注文住宅)-200万円(諸費用)=550万円(土地代)となります。

郊外に出ても550万円以下で土地を買うことは結構難しいので、土地から買う人は平均世帯で無理がない目安の総額3,500万円をオーバーしやすい傾向にあります。

土地を持っている場合

土地を持っている場合は、資金計画的には優位性があります。土地を持っている場合は諸費用も安くなるので、予算3,500万円だとしたら諸費用が土地を買う時と比較して50万円安い150万円だとすると、3500-150=3,350万円まで家に使えることになります。

さすがに3,350万円見ればかなり質の良いこだわりの注文住宅を建てることが可能です。また平均的な注文住宅価格帯は2,750万円であり、ローコスト住宅なら2,000万円で見ればおつりもたくさん来ますから、土地を持っている場合は平均世帯年収あれば住宅ローン返済は結構余裕になるはずです。

他の世帯年収だとどんな感じ?

あくまでもざっくりしたお話になるのですが、30代で世帯年収750万円の時には不動産購入は3,500万円くらいがいいという感じだと、年収それよりも多いとき少ないときはどんな感じになるかを見ていきましょう。

例えば新潟市の中央区などの人気エリアで家を買うことを考えると簡単に総額4,000万円を超えるという話をしましたよね。

じゃあ、4,000万円だと世帯年収いくら必要なのかという話ですが超感覚的なもので予算500万円アップごとに世帯年収100万円アップが現実的な目安になっているように感じます。

超ざっくりイメージはこんな感じです。

世帯年収550万円 住宅購入2,500万円が妥当ライン

世帯年収650万円 住宅購入3,000万円が妥当ライン

世帯年収750万円 住宅購入3,500万円が妥当ライン

世帯年収850万円 住宅購入4,000万円が妥当ライン

世帯年収950万円 住宅購入4,500万円が妥当ライン

※5,000万円以上は世帯年収1,000万円以上が必須

世帯年収の内訳は、様々あると思います。

例えば私が家を買った時は、夫婦共働きでしたから当時私が年収330万円、妻が280万円くらいだったように思います。世帯年収610万円なので適正予算は2,500~3,000万円の中だと思うと、確かに合っていると思うのでしっくりきます。

仮に妻が扶養内のパートで年収100万円だとすると、平均世帯年収にいくには夫1人で650万円以上稼ぐ必要があります。それだけの年収があれば妻もしくは夫はパートで、住宅を購入しながらも家の仕事に重点を置くという考え方もできますよね。

まずはあなたの家計の世帯年収がいくらかを把握し、その年収から導かれる超概算適正予算を最初の目安にしてみてください。ちなみにここでいう年収は手取りではなく額面の税込み年収のことを指しています。

正確には退職金の有無やその額、昇給スピード、子供の数・教育費をどこまで用意するか、頭金または贈与の有無と額でまた変わってきます。細かくシミュレーションしてみたい方は、マイホーム予算診断サービスを使ってください。

昆 知宏
新潟住まいのお金相談室代表。新潟の住宅会社の営業マンとして働いた後、売り手の立場ではなく買い手の立場に立って住宅購入の相談ができる場所を作る為に独立した。

保険や住宅を売ることを目的にしない住宅購入専門のファイナンシャルプランナーとして、100%顧客サイドで顧客の理想とする家を安心・納得して買えるようにアドバイスを行う。そのスタイルが支持され、新潟県全域から年間100件以上の相談依頼を受けている。

関連記事