新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > ファイナンシャルプランナーへの住宅購入相談で分かること

ファイナンシャルプランナーへの住宅購入相談で分かること

あなたは家計の現実を知りたいですか?

 

家を買ったら今後のお金がどうなって

教育費が払えるのか・・・

老後のお金は残すことができるのか?

 

とても気になりますよね。

OPP_0001rr00 

私の仕事はただひたすらに、

現実をお伝えすること。

 

時にはつらいこともあります。

 

結果が楽観的な未来であれば、

何の問題もありませんが、

 

結果が厳しいものになれば、

それをハッキリと伝えなければ

ならないからです。

 

私はなぜ今この仕事をしているか

というと、

 

全員そうとはいいませんが、

家を売りたい側の人たちは、

 

売り手にとっての都合のいい

シミュレーションを作ってしまう

という傾向があるということです。

 

考えてみれば当たり前で、

 

せっかく「家を買いたい!」と

テーブルに座ったお客さんに

 

「あなたの収入では弊社の

住宅は買えません!」

 

なんてとてもじゃないけど

失礼で言えないし、

 

言ってしまうと売上・成績に

ならなくなってしまいます。

 

会社は売ることが仕事なので

別にそれでも全然いいわけです。

 

私も以前住宅営業をしていたので、

売る側の気持ちも良く分かります。

 

だからこそ独立してまで

やりたかったことがあります。

 

それは100%の家計の事実を

お伝えすることです。

 

家を買ってからもきちんと

お金が貯まり返して行ける

家計じゃないと、

 

返済に苦しむだけになり、

住宅からの幸福感は

得られないと思うからです。

 

 

こんな人は相談に向いていません

 

 

「大丈夫、絶対買えますよ!」

「絶対返していけますよ!」

 

とただ背中を押してほしい人は、

私の事務所は向いていません。

 

あなたが既に建築会社と

契約までしていて

 

買うことが決定済みであれば、

あなたの計画に水を差して

しまうかもしれないからです。

 

実際のところ完全に無理という

ケースは多くはありませんが、

 

予算縮小したほうがいいとなる

ケースはよくあることです。

 

最後の最後に背中を押して

ほしいだけであったら

 

住宅の営業マンか銀行マンに

相談した方がきっと

 

あなたの得たいものを

得られるはずです。

 

私はあなたの購入のジャマを

したいのではなく、

 

家を買ってからも幸せに

過ごしてほしいという。

 

それだけの想いです。

 

 

 

無理して購入した人の末路

 

 

 

実際に家を無理して買って、

その後の生活に苦労してきた人を

私は知っています。

 

この姿を鮮明にイメージできるか

どうかであなたの慎重度合いは

変わると思うのです。

 

自動車免許の更新時に、

悲惨なビデオを見せられますが

 

ローンを組む前にそういう話を

する人はまず皆無でしょう。

 

例えば親がローン返済に苦労して

いた家庭で育ってきたかたは

総じて資金計画には慎重です。

 

当たり前の話ですよね。

お金で苦労してきた姿を嫌な

くらい見てきたからです。

 

苦労しながらも返せればまだ

いい方で、

 

私は住宅を差し押さえられたり

住宅ローン返済に苦労して、

 

最悪の選択肢をとってしまった

という方も知っています。

 

だからこそ、

 

このような苦しい思いをあなたに

してほしくなく、

 

ただひたすらに無理のない借入額を

検証するという仕事を行っています。

 

 

怖がらせてごめんなさい

 

 

住宅ローンは恐怖ではありません。

 

 

最初にあなたにとって、

適切な借入額や返済期間を

知っていれば、

 

収入に見合う返済額になっていれば

返していくのは難しくありません。

 

仕事が変わることによる

収入変動のリスクをどう考えるか

あなた次第です。

 

このリスクを考えすぎれば、

家なんて到底買えません。

 

失業してもその後何らかの

仕事はきっとするでしょう。

 

こういう話をすると、

背中を押してもらいたいだけの

 

人には私との相談はウザいだけ

だと思います。

 

そうではなくて、

 

一生に一回の家づくりで、

人生最大の借金を

 

身の丈サイズにきちんと

しておきたいという人は

 

きっとお力になれると思います。

 

土地も建物を決めてから

ローンを申し込むのではなく、

 

適切な借入額を知ってから

土地と建物を探し出す。

 

このプロセスさえ踏めば、

住宅購入での失敗はあり得ません。

 

ただそれだけのことなのです。

 

===================

 

住宅ローンをいくらまで借りても大丈夫かを知る方法

https://niigata-money.com/

 

住宅購入のお金のことが分かる無料メール講座

https://niigata-money.com/mail

 

===================

 

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。