新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > 持病があると、住宅ローンは組めないのか?

持病があると、住宅ローンは組めないのか?

From:昆知宏@新潟住まいのお金相談室

80132062_2540875162695285_5762086832498016256_n

 

 

 

 

 

 

 

 

「3年前に手術をしたんです。」

 

「経過は良好なのですが、

5年前にガンの手術をしました。

今も定期的に通院はしています。」

 

「私、住宅ローンは組めないのでしょうか?」

 

当事務所では、こういった相談を多数頂いています。

 

「病気をすると住宅ローンは借りられないのか?」

 

良く聞く話かと思うのですが、

結論から言うとこれは間違いなのです。

 

どういうことかというと、

銀行が生命保険料を実質負担してくれる

 

住宅ローン商品については、

申し込むことが難しい。

 

これが答えです。

 

『死亡したらローンが0円になります。』

『ガンになったらローンが0円になります。』

『全ての病気で働けなくなったらローンが0円になります。』

 

これも良く聞く話かと思うのですが、

要はこの条件が付けることができない

ということです。

 

持病があり住宅ローンを組みたい時、

組めるパターンは”3つ”あります。

 

銀行が加入をおすすめしている

住宅ローンとセットの生命保険に

入れない場合は、

 

住宅ローンの申し込み額と

 

”同程度の生命保険の加入の有無”

 

を問われます。

 

つまりあなたが2,000万円の

住宅ローンを借りたい場合は、

 

あなたが入っている生命保険が

いくらなのかを確認されるわけです。

 

それもそのはず銀行だって、

万が一のことがあった場合に

 

返済の原資がしっかりあるか

どうかを確認する必要があります。

 

あなたのことを心配してくれているのです。

 

このとき2,000万円相当の保険や

2,000万円相当の財産が確認あれば

持病があってもとしても

 

住宅ローンを組むことが可能になる

ケースが実際は多いのです。

 

 

今現在ローン分の生命保険がない場合は?

 

 

 

では保険も貯金もない場合は、

どうでしょうか?

 

今度こそ借りられないのでしょうか?

 

いいえ、そうではありません。

 

例えば、

手術から2年経っていて、

その後の経過も良好な場合は、

 

民間の生命保険に加入できる

可能性があります。

 

もちろん保険料は割高になりますが、

条件によってはローン相当額程度の

生命保険を新たにかけることも

不可能ではなく、

 

銀行によっては借り入れを

認めてくれることがあります。

 

生命保険金以上の借り入れに

なるケースだとしても、

 

銀行マンの努力によって、

(というか支店判断)

なんとかなるケースもあります。

 

裏を返せば優秀な担当者が付けば

通る可能性が上がる。

 

とも言えるわけです。

 

 

緩和型団信というものもあります

 

C00191-001N

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また銀行によっては

『緩和型保険』といって

 

持病があっても住宅ローンに

セット可能な保険を用意している

場合があります。

 

少し金利は高くなりますが、

これに加入できればひとつ不安を

消し去ることもできます。

 

ネットで簡単に見てみると、

 

・引受条件緩和型団体生命保険

(三菱UFJ銀行)

 

・ワイド団信付き住宅ローン

(イオン銀行)

 

・ワイド団信

(みずほ銀行)

 

など有名どころでもいくつか

出てきます。

 

加入条件はどこもだいたい同じ

(実際に保険を引き受けるのは

一般の生命保険会社のため

基準はどこも大きく変わらない)

 

なのでいきなり審査をする前に

加入基準を電話で聞いてみる

などしても良さそうです。

 

 

フラット35を使った奥の手

 

 

さらにフラット35という

住宅ローンの場合は、

 

生命保険の加入有無と

審査は関係ありません。

 

つまり保険なしでも良ければ

住宅ローンが組めるということを

意味しています。

 

ただし生命保険の裏付けがない場合は

実質上の”ノーガード”となりますので

 

このパターンで行く場合は、

夫婦の両方の年収がある程度ないと

危険とも言えます。

 

とはいえこのように、

住宅ローンは全く組まないと思いきや

選択肢は結構存在しているのが現状です。

 

「住宅ローンが通れば、何でもいいんです・・・」

 

とおっしゃる方もいますが、

萎縮せずにきちんと比較検討し

 

ベストなローン選択をすること

によって多くのお金を失わずに

済みます。

 

特に手術から3年以上経過しており、

経過は良好という状態であれば

選択の幅が広がりますし、

 

手術から5年以上経過しており、

経過は良好という状態であれば

更に選択肢が広がります。

 

 

まとめると・・・

 79416933_551729642055086_4700158642463178752_n

 

 持病があったとしても

 

 

(1)

住宅ローン借入額相当の

生命保険に既に加入していれば

 

銀行で普通に住宅ローンの

内定を取れる可能性がある。

 

(2)

生命保険の金額が大きくなくても

現在の健康状態によっては、

 

過去に病気を治療していても

新たに生命保険に加入できる場合もある。

 

(3)

そのいずれも難しくても、

保険なしで住宅ローンを

組む方法もある。

 

ライフプラン上収支に問題なければ

手堅く住宅を取得できる方法になる。

 

といった感じで可能性は、

全くないということはありません。

 

少しでも有利な選択肢を探って

みたいという方は是非お気軽に

ご相談ください。

 

 

********************

家計の健康診断でスッキリ!

 

☆ 無理のない住宅ローン借入金額をズバッと判定します!

【マイホーム予算診断サービス・2回の面談で5,000円】

詳しくは

  https://niigata-money.com/myhome

 

【”失敗しない住宅購入”無料メルマガ】

まだ登録していない人はこちらから登録できます!

https://niigata-money.com/mail

********************

 

78854161_2843287959055795_1070603792044523520_n

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。